趣味の部屋・詩と私

アクセスカウンタ

掲示板 > 紹介詩 > eriさんの詩より


件ずつ で表示
1: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2009/12/6 19:31:55
日常の何気ない出来事が、きらきら輝いて見えるeriさんの詩を、「ブログ・POEM*ANDANTE 」より、紹介いたします。

「まどのそと、まどのなか」

北風が吹いてきた空の下で
マフラーを巻きなおしました

単線の駅には
電車はまだ来ません
片隅の自動販売機の珈琲は
ホットばかりが売り切れのまま

冬が来た
本当に来た
爪の先まで手袋が恋しくなるのも
ポケットの中があたたかいのも
みんな正真正銘の冬空のせい

笑うと目がなくなりそうな院長のいる
駅前の医院の大きな樹
今年も最後の枯葉の雨を降らしています

ゆっくりとホームに滑り込んだ
車両のてっぺんにも
惜しみなくこぼれる
赤い秋のいのちを降らしています

乗り込んだ電車のまどは
ひといきれで
まどのそとを曇らしています

動き出した電車のまどは
凍えないように
まどのそとを動かしています

乗り合った人の熱で
ぬくみを帯びるまどのなか
各駅停車のドアが開くたび
凍える空気がにじんできます

ゆるやかなカーブで
錆びた線路の音が軋みながら
北風に滑り込んでゆきます

まどのそと
まどのなか

その次も
その次の駅も
ずっとずっと
終着駅まで始発の冬です
589: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/11/6 18:36:48
塗り重ねられたひとつひとつの道は 私らしい暮らしの色になってゆく 
eriさんの詩の紹介です。

「色鉛筆な日々」

モノクロの風景を
おろしたての色鉛筆を使って
ひとつひとつ色づけてゆくように

一日一日を大切にしてゆきたい

私の生きてきた風景の中は
まだ本当の風の色を知らなかった

今まで履いたことのない
目の覚めるような色の靴を足にして

人目を気にせずに歩いてみようか
不安ならば寄り添う背中の影を
味方にしながらでも

胸の中に秘められていたモノクロは
ありのままの肌色を塗り重ねられて
クロスステッチしながら広がってゆく

踏み出してゆくたびに体内を離れて
きっと熱い呼吸は風になる
日々の七色にこぼれ始めてゆく

自身が思うほど他人は
通りすがりの他人のことなんて
それほど気にしていないから

だからもっと自由に風をきって
あしたの道を歩いてゆく勇気を

塗り重ねられたひとつひとつの道は
私らしい暮らしの色になってゆく
こつこつと彩られる色鉛筆な日々

目の前に続く
小高い木々も四角い建物さえも
なだらかな円形の光に包まれてゆく

うまく生きようなんてしなくていい
敷居の高い空につま先を伸ばして
もう足を痛めなくてもいい

手の届く空のすべてが私の永遠
吹き渡る自由はさやさやと育まれ
そよぐ綿帽子の風になってゆく

見渡せば塗り重ねられたものは
ひとつの風景へと繋がってゆく
この命続く限りずっとかなえられる
590: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/11/25 16:31:15
夏の終わりから秋が来て、そしていつのまにか冬の始まり。それぞれの暮らし。それぞれの時の色。みなさまの一日一日が一秒でも多く、穏やかなことに包まれますように・・・。
591: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/12/4 13:17:08
いつくしむものは いつも何処かに繋がってゆく
eriさんの詩の紹介です。

「遠い遠い世界になっても」

僕の知らないオーディオ
そっと針をおとして
親戚のおじさんは笑う

息を吹き返したように
流れ出した
レコードという中の音楽

お前の好きな
あのミュージシャンも
リスペクトしてたんダゼ

少年のようなまなざしで
親戚のおじさんは笑う

一気に飛び跳ねた僕の両耳

予想外だった音楽の原点
世代はやわらかく結ばれてゆく

窓の向こうには夕暮れ空
何かを語りかけてくる
僕の知らない遠い遠い世界から

沈み続ける太陽
回り続ける音楽
刻まれてゆく夕暮れの色

心地よさと新しさに
包まれながら
世代を超えて僕たちは回る

おとされた今日のさながらに
語りかけてくるのは
夕暮れのリズム

いつくしむものは
いつも何処かに繋がってゆく

この町のこの部屋が
いつか誰も知らない
遠い遠い世界になっても
592: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/12/19 15:45:24
まもなく冬至です。僕たちはいつも季節の中。
eriさんの詩の紹介です。

「うつくしい秋」

思いっきり小さな頃
真っ赤な落ち葉は
枯葉がかわいそうだから

こっそりと誰かが
絵の具で色をつけて
あげたのかなって思った

できるのなら僕も
枯葉にきれいな色を
つけてあげたかったけれど

色塗りがにがてだったから
とうとう勇気はでなかった

こんなにたくさん
色をつけてあげたのは誰

ペンキ屋のおじさんなの
漫画家志望のおねえさんなの

考えれば考えるほど
胸は高鳴って
会ってみたくなったあの頃

あれから時間がたって
大人になって知ったのは

教科書にのっている
気候のことだけではなくて
もっともっと別の見えないところ

僕たちはいつも季節の中

とくいやにがても関係なく
誰かと共に色づいてゆける

かなしい枯葉のような心に触れた時
りりしいペンキ屋にだってなれる
ゆかいな漫画家にだってなれる

ほら今年もこの街に秋が来たよ
君にはあたたかい赤が似合う

僕たちはこの街で一緒に
うつくしい山々になろう
この先迎える長く白い冬のために
593: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/12/19 15:52:51
「あかい ほっぺ」

まんいん でんしゃの だれかさん
ちょっこり ずらした
すわっている ばしょ

そのとたん
つぎつぎと ずれてゆく
ひと ひと ひと ひと ひと

あっというま
あっというまに 
おばあちゃんの すわるばしょ

ちいさな あいだと ちいさな あいだ
つながって もうひとりの あいだ

すっぽり つつまれた 
おばあちゃんの ほほえみ

ほこほこと ほこほこと
あつあつ おんせんみたい
ほんのり あかい おばあちゃんの ほっぺ
594: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/12/21 00:33:10
枯葉が本格的に北風に舞う季節になっても、駅で、暖房の効いた電車が来るのが待ち遠しい、凍てつく季節になっても、どうか元気でいてね。
595: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2018/1/11 17:34:07
見方を変えれば とてつもない 大きな世界だってあるんだ
eriさんの詩の紹介です。

「やじるしのしっぽ」

路地に住む灰色の
子猫の大きなあくびがみたい

曲がり角の終点は
つきあたりだけじゃない

見方を変えれば
とてつもない
大きな世界だってあるんだ

晴天の芝生の青さが
この上なく物悲しい日は
早くどこかに辿りつきたくて

行きあたりばったりの道を行く
行き止まりを求めるだけの
ひとりよがりな冒険

それ以下もそれ以上も何もない
路地のつきあたりに
一匹の灰色の子猫

大きなあくびをしていた
瘦せたゼラニウムが咲いていた

何だか涙がこぼれてくる
僕もしてみた大きなあくび
とっても眠いふりをしながら

路地のつきあたり
そろりそろり
近づいてくる灰色の子猫

青空につんと立てた
やじるしのしっぽ

上を見ろ
下を見ろ
ふりまわされんな

上を見ろ
下を見ろ
自分の上にある空を見ろ

悲しいにゃ
どうしようもにゃい

そんな時は
とりあえずないてみるか
大きなあくびでもしてみるか

無下に踏まれて汚れたしっぽが
力強くまっすぐに
空に向かって光るまで
596: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2018/1/11 19:29:27
みなさまにとってこの一年が、あったかくって穏やかな空のような出来事に恵まれる一年となりますように・・・。
597: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2018/2/8 08:51:07
まだまだ寒い日が続いていますが・・・・。
窮屈な毎日から光へ踊る あらゆる音の結び目は解かれて
eriさんの詩の紹介です。

「屋根から屋根へと道から道へと」

語りかけてくるように
流れてくる休日のメロディー

見たこともない色が
つぎつぎと僕の耳を染めてゆく

どこにでもある紅茶と
読みかけの雑誌があれば
今日はそれだけで無色透明になれる

窓の外
一人で太陽は踊る
屋根から屋根へと道から道へと

誘われるように音楽も
狭い部屋から外へ流れてゆく

空の上から
重低音の旅客機の音が
濾過されながら降りてくる

朝の光に包まれながら
屋根から屋根へと道から道へと

ずいぶん忘れていた
もう少しだけ遠くを見つめること
もう少しだけ目の前を見つめること

無心に生きるって透明
けれども
無心に無理に生きるって
正統派の透明じゃない

気付かされた休日
胸の内にある
音の全部を外へと送り出した

窮屈な毎日から光へ踊る
あらゆる音の結び目は解かれて
屋根から屋根へと道から道へと
598: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2018/2/11 00:10:26
早くあたたかくなってほしい。
町一面、太陽のあたたかさに包まれる日を待っている日々の住人。

本 文
ホームページURL(任意)
画像 [画像貼付]:ファイルをアップロードして画像を貼付します。
画像貼付が正しく動作しない場合はこちら