趣味の部屋・詩と私

アクセスカウンタ

掲示板 > 紹介詩 > eriさんの詩より


件ずつ で表示
1: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2009/12/6 19:31:55
日常の何気ない出来事が、きらきら輝いて見えるeriさんの詩を、「ブログ・POEM*ANDANTE 」より、紹介いたします。

「まどのそと、まどのなか」

北風が吹いてきた空の下で
マフラーを巻きなおしました

単線の駅には
電車はまだ来ません
片隅の自動販売機の珈琲は
ホットばかりが売り切れのまま

冬が来た
本当に来た
爪の先まで手袋が恋しくなるのも
ポケットの中があたたかいのも
みんな正真正銘の冬空のせい

笑うと目がなくなりそうな院長のいる
駅前の医院の大きな樹
今年も最後の枯葉の雨を降らしています

ゆっくりとホームに滑り込んだ
車両のてっぺんにも
惜しみなくこぼれる
赤い秋のいのちを降らしています

乗り込んだ電車のまどは
ひといきれで
まどのそとを曇らしています

動き出した電車のまどは
凍えないように
まどのそとを動かしています

乗り合った人の熱で
ぬくみを帯びるまどのなか
各駅停車のドアが開くたび
凍える空気がにじんできます

ゆるやかなカーブで
錆びた線路の音が軋みながら
北風に滑り込んでゆきます

まどのそと
まどのなか

その次も
その次の駅も
ずっとずっと
終着駅まで始発の冬です
572: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/3/5 18:51:22
あと少しで春へのゴールでしょうか。そうだといいな。
573: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/3/9 10:32:53
今日は、春を感じる陽ざしです・・・・。
個々にある胸の中の今について しあわせの仕組みについて
内緒の腕組みしながら
eriさんの詩の紹介です。

「仕組み」

長い間歩かなかった
古民家通りを歩いていた

なつかしさと
ほんの少しだけの哀しさが
古い樹木の木漏れ日から
届く影のように連鎖してくる

右手には今にも千切れそうな
かすれた和食屋の暖簾が揺れている

左手にはひどくカラフルな
輸入雑貨屋の看板の猫が笑っていた

並列する小さな過去と未来
通り過ぎるまばらな人の足音が
狭い道のカレンダーを刻んでいる

混在する過去と未来の片隅
いつも今っていう時間は
あるようでなくて

だけど何処にいこうと
今何時だって
何が古いとか新しいとか
そんなことどうだって関係なくて

ただいつも仕組まれていない
何かを待っていたい
何かを選び続けていたい

それを今って百パーセント
呼べる自分に出会えたら
愉快に時計の針は踊り始めるでしょう

日常に仕組まれたハヤリよりも
もっと自由に前に後ろに

目の前にある景色の中に
なつかしさにも似た鮮烈な
やさしさの仕組みを感じてみたい

古きを新しきを眺め
立ち止まる古民家通りの人々

何もかもが流れ動く今だから
ほんとうのところは
ここからは何処にも留まれない

手の届かない過去と
手の届く新しさの仕組みに
ゆびさきを甘くしびれさせるだけ

個々にある胸の中の今について
しあわせの仕組みについて
内緒の腕組みしながら過ぎゆく人々よ
574: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/3/9 23:51:29
柔らかな陽ざし。こんな一日は堅苦しすぎないから、人生のこと考えながら腕組みしてもいいかも・・・。
575: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/4/20 07:57:30
目に映る全てに春の訪れは満ちる もうひとつの光
eriさんの詩の紹介です。

「もうひとつの光」

風を照らしているのは
春のなだらかな陽ざしか

通りすがりの少女たちの
揺れる長い髪のかたちに似ている

真昼の道はぬくもりを帯びて続く

平行線に続く広い田畑よ
起こしたての土の香りが
息苦しいほどに春を照らしている

息づくことは光
何かが何かを照らしている

そして生まれたてのぬくもりは
まっすぐにどこまでも続く

見渡すことも光
目に映る全てに春の訪れは満ちる

ぬくもりも光
見渡す人の影も光

大きく息を吸い込みながら春は
真昼の世界を横断してゆく

遠くに映るもうひとつの光
広大な菜の花畑は揺れながら
どこまでも続く春の風を照らしていた
576: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/4/20 22:22:20
春本番。短いこの時間。存分に楽しみたいです。
577: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/5/3 18:03:35
風薫る五月です・・・。おなかがすくって生きていること よくばりなくらいおなかすかせて ふくらんだ太陽のパンを ひろげた両手でほうばりたい
eriさんの詩の紹介です。

「ショッパイパンを食べた日」

目の前
壁もないのに
見えない風にぶちあたってしまう

満たされた
オリジナルな時間を
味わって生きていく希望は

だんだんぼやけて
味気のない毎日へと

今はそんなことから
距離を置いて
違う時間へアンダンテ

休日の時間
いい香りの風に誘われて
誘われるままに

本日開店
ようこそ
焼きたてのパンな毎日へ

サクサクのメロンパンな
時間はいかが

濃厚バターのクロワッサンな
時間はいかが

満たされた瞬間の
広がりだす風の味のパレード

おなかがすくって生きていること
毎日食べたい
色とりどりの時間

目が泳ぐほど並べられた
かなしいくらいのスィーツな時間

だけどなぜか
手にしてしまうのは
ぽろぽろ涙のショッパイパン

シンプルだけど詰まってるんだ
言い表せないくらいのレポート
通り過ぎてきた風の味

おなかがすくって生きていること

ぽろぽろ涙のショッパイパン
かなしい時に味わった
時間のメニュー忘れない

いつもここから始まる
オリジナルなパンの味
透明な香りの中へとアンダンテ

おなかがすくって生きていること

よくばりなくらいおなかすかせて
ふくらんだ太陽のパンを
ひろげた両手でほうばりたい

真っ赤にほっぺたふくらませて
めいいっぱいにね
はちきれそうになるくらいにね
578: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/5/13 09:16:00
どうしてこんな気持ち いつか出会った気がするの
eriさんの詩の紹介です。

「風と光のデシャブ」

風はやがて春から夏へと移る
長袖のシャツを半袖に
そっと着替えるように

さりげなくさりげなく
感じたままに

机の上に開いたままの眠い小説が
アコーディオンのように
半円をゆるやかに奏でている

開きっぱなしのこの窓は
いつも狭い部屋に
小さな何かを起こしてくれる

高い低いが入り混じっている
反射するビルのグラデーション
霞んで溶けてひとつの街になる

初夏の光が滲みだした
無機質だって輝き出すグラデーション

誰に何も気づいてくれなくていい
すべては生きているという景色の中へ

窓から覗いた景色の風はゆるやかに
流れゆく人波を描いてゆく

眩しい街の太陽へと
そっと立てたひとさしゆび
はちみつ色のデシャブに包まれてゆく

どうしてこんな気持ち
いつか出会った気がするの

日々を生きてゆくって
初めてのことばかりなのに

胸の中に息をひそめていた光
風に吹かれて目覚めてゆく景色
受け継がれてきた鼓動のさいはて
579: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/5/31 08:49:56
何でもないものの ふりをしながら 教えてくれている時の天秤
eriさんの詩の紹介です。

「真際」

このよのなかにある
くだらないこと

つまらないこと
むだなこと
どうでもよいこと

なにがなんだか
わからなくなった日には
どこまでもうもれて眠りたい

ゆっくりと動いてゆく
時のさなか

うたた寝から目覚めた
けだるい午後の光にくるまれて
微かに潤んだひふの呼吸音

あちら側へと増した日に
こちら側へと増した日に
揺れては感じてゆく私という真際

伝えてくれる

どちらの際に増してゆくのも
あなたしだいと

このよのなかには
どうでもよいことなんて
ほんとうはなんにもないの

どちら側かへと増していく日に
どちら側でもない真際
そんな真ん中にそっと立って

どちら側に増しすぎても
生きてはいけないこと

何でもないものの
ふりをしながら
教えてくれている時の天秤

澄みわたる光の奥底は
幾度も沈んでは浮かび上がり

日々のひそやかな呼吸音を
水の輪のように織りなしながら

紙一重の広大な日常の中に
語りかけてくる
凛として生きてゆける明暗の真際
580: eri
ニックネーム: eri
書き込み日時:2017/6/1 00:43:25
バランスよく生きてゆくことの難しさに揺れながら生きてゆく人という時間・・・。
581: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/6/16 05:51:43
田植えもすんだ爽やかなこの頃です・・・・。
eriさんの詩の紹介です。


「初夏」

ご無沙汰しております
覚えていますか

まだ向日葵は
お届けできませんが

本日は
おそるおそる
淡い新緑の青さをあなたに

ゆるさを増してゆく風は
しだいに熱く震えてゆきます

誰も振り向かない
古ぼけた建物の
小さく傾いた影のあいだにも

太陽はもっと自信をお持ちよと
ひとすじの陽ざしを
傾けてくれています

夏の初めとしるして
初夏と呼んでください

そこにいたようで
すぐに過ぎてゆく
微かな季節の光です

去り際のむずかしさを
少しだけ知っている
それだけが取り柄でしょうか

わたくしは初夏と申します

今年初めてをあなたに
そしてこれからをあなたに

本日は
おそるおそる
淡い新緑の青さをあなたに

本 文
ホームページURL(任意)
画像 [画像貼付]:ファイルをアップロードして画像を貼付します。
画像貼付が正しく動作しない場合はこちら