趣味の部屋・詩と私

アクセスカウンタ

掲示板 > 紹介詩 > とおこさんの詩より


件ずつ で表示
1: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2008/5/23 08:20:35
素敵な癒しの世界をブログ「飛んで」で、展開する
素敵なとおこさんの詩編を紹介いたします。

「優しい言葉」

優しい言葉を
どんなに欲しかったことだろう
  
自分に非があること
自分の弱さ故であること
自分が知っている
 
指摘でも 分析でもなく
優しい言葉かけが
どんなに 欲しかっただろう
暖かく 包み込んで欲しかっただろう

人は 人を変えられない
自らの力で立ち直るしかない

けれど
優しい言葉  温かい言葉は
太陽の光のように人を暖める

人を癒してゆく
人の伸びる力  育つ力を 引き出してゆく

「まなか」

あなたの中心の
心の まなか から
輝きは放たれる

あなたの心がそのまま
外に映しだされる
あなたの世界を作ってゆく

世界の中心にあなたはいる
中心のあなたが くもるとき
あなたの世界も くもってゆく

まずは ましん から
中心から

あなたの 心の真ん中から
世界は 輝いてあけてゆく

「喜び」

吸って幸せ
吐いて感謝

観世音菩薩様の 光を吸い込む
天照大神様の 光を吸い込む

太陽の下 風の中で 光を吸い込む

吸って 満たされる
吐いて広がる

光で 身体が満たされてゆく
気持ちが 良い

体中の光が 光に反応して 喜んでいる

「小さな幸せ」

小さな幸せを自分にたくさん贈る

身体が広がっていくお風呂
ほのかに石鹸の香りがするシーツ
暖かい寝具
ゆったりとした深い眠り

小さな幸せを自分にたくさん贈る

縁側で日向ぼっこ
大好きな本
満開の桜
ミニバラの鉢植え
可愛い小鳥
小さな旅
おいしい食事
挽きたてのコーヒーとお菓子

小さな幸せを自分に贈る

小さな幸せで自分を満たす
もっと幸せでいていいんだよ
もっと楽しく生きてもいいんだよ
あなたは素晴らしい時を生きているんだよ

104: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/2/2 16:55:22
まもなく立春です・・・・。
愛こそが  あなたを  存在させる鍵だから
とおこさんの詩の紹介です。

「愛」

いつも 愛のなかにいなさい

そのとき あなたは負けることがない
負けるということがあるとすればだが
愛は  どんなものより強い

愛のなかであなたは 悲しみと無縁になる
愛は  喜びだけだから

愛とともにあるあなたは 失うということはない
愛は 与えるだけだから

愛に包まれたあなたは 見捨てられることはない
愛は 慈しみ育てるだけだから

いつも 愛の中にいなさい
愛こそが  あなたを  存在させる鍵だから

愛こそは全てだから
なにものよりも 完全なものだから

宇宙を作っているのは 愛という意志だから


「愛の中で」

人にほんとに優しいと
時に限りなく冷たく見える

自由にしていいと言うのは
無責任に聞こえる

人を信頼して任せるのは
自分のなすべきことを放棄してるように思えることがある

そのぎりぎりのところで違いを追及していくと
そこに愛というものがあるかどうかにみえる

愛があるという絶対条件のもとで
優しさも自由も信頼も

本当になってくる

画像
105: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/2/19 07:59:00
草木が発芽する雨水です。
とおこさんの詩の紹介です。

「道」

道は 追い求めると消えてゆく
頭で考えるとわからない
そこにいて 静かに眺めていると
顕れてくる

道は いつもあなたの 内にあって
探し求める必要はない

いらないものを 次々と捨ててゆく
重荷もおろしてゆく

いらない 自分と別れてゆく
静かに 光に包まれ愛のなかで生かされている
自分をみる

ただ わきあがってくる ありがとうの心が
道をそれずに歩んでゆく道標となる

そのことが わかれば わかるほど
道は はっきりと自らの前に 顕れてくる

画像
106: huko
ニックネーム: huko
書き込み日時:2016/2/20 17:15:46
いつも素敵だと思っています。
とおこさんの詩の世界。

雨水の日に、我が家のベランダでは、甕のメダカが二匹、冬眠から覚めて水面に上がってきました。水温が上がってきたのですね。春です。
107: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/3/10 16:55:03
昨夜は雪の寒い日です・・・。
とおこさんの詩の紹介です。

「からだ」

わたしの 体は 空っぽで
わたしの愛をほしがっている

わたしの体は 空っぽで
光がわたしの中にあふれてくるのを待っている

わたしの体は いつも待っている

喜びを
笑いを
ありがとうを

わたしの体は 空っぽで
わたしの全ての想いを 待っている
意識の耳をそばだてて 待っている

満ちてくる瞬間を待っている

画像
108: とおこ
ニックネーム: とおこ
書き込み日時:2016/3/17 10:41:02
ふーちゃん、いつも詩をとりあげてくださってありがとうございます。

自分の人生の中で一番大事なものは 何かといえば 詩をかいていける感性かもしれないと時々思います。

ひっそりと咲くの野花のように 置いてある詩を誰かが観てくだされば一層嬉しいです。
109: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/3/18 20:38:58
とおこさん、人は誰にでも詩人でありうる数分、数時間があることは疑うことができません。ということを聞いたことがあります。誰もが、ときどき、詩を感じ、詩を表現できたらいいですね。
110: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/4/29 08:02:21
きょうは、昭和の日です・・・・。
とおこさんの詩の紹介です。

「時を超えて」

夢のように月日は 過ぎて
夢のように あなたと過ごした時があって
さよならを言った

幾転生の後
あなたと会うことがあるだろうか

わたしは あなたを思い出せるだろうか
覚えているだろうか
あなたの 瞳のなかに
わたしが 愛したあなたを 見つけることができるだろうか

わたしたちは お互いを知ってると
はっきりとわかることができるだろうか

あなたといるとわたしの心は熱く暖かくなるだろうか
再会のその日に
111: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2016/7/3 17:21:18
まもなく小暑です・・・・。
とおこさんの詩の紹介です。

「どこまでも 風のように 軽かった」

還暦になろうとしてる
人生を 終えるに向かっての 思考に染まっていた
もう ここで ほしいものは ないし
流れの ままに 終えてゆく 
ただ そんな 風に 感じていた
それは 達観でも 希望でも 絶望でもなく

そうなのだ ひと時の 旅人の 人生が 終わるのだと
そんなふうに 眺めている

突然 わたしは 感じた
生まれるのだ
また 新しく ここでの 体験を薄い絹のように まとって
それまでも そうだったように
いろいろな わたしに 生まれる

わたしは ただひとつの 輝きなのだけれど
いろいな 世界の 体験を まとうのだ

突然 生まれる 準備をしている 自分に気がつく
気がつくと もう 還暦の おばあさんでは いられない

体に乗ってる 本来の わたしが 今度は ハンドルを握るようなのだ
昨日までの やや重い波動を 脱いで どこまでも 軽やかになってゆく

それは この次元での すべてのあるべき わたしを 捨てた
自分に 戻る瞬間のようだった

どこまでも 風のように 軽かった
112: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/7/2 20:10:14
今年もまた季節は文月です・・・・。久しぶりに、とおこさんの詩の紹介です。

「わたしの 大切な 桜に」

わたしは 忘れない
あなたが わたしに優しかったこと
あなたが わたしのために がんばってくれたこと

わたしは 忘れない
あなたの 美しい 姿を
満開の 花々を
ため息をつきながら 見上げたあなたの姿を

あなたが がんばってくれたことを

長い 長い 年月の 終わりに あなたと知りあって
あなたが 地上から 姿を消すまで 共にすごした日々を
忘れない

わたしの 心には 大切な存在を失った痛みで ぽっかりと穴があいてるけど
あなたは 中心から大きく腐っていて やっと生きてくれていたのを知って

毎年 ものすごくがんばって 満開の花々を見せてくれたのだとわかったよ

ありがとう ありがとう
美しい 花を ありがとう
113: ふーちゃん
ニックネーム: ふーちゃん
書き込み日時:2017/9/4 11:59:53
九月となり、心の中を整理している自分です。とおこさんの詩より・・・・。

地上に降りたのは 優しい思いやりのある 言葉を 話せるようになるためだった

「暗闇の トンネル」

暗闇の トンネルを
やっと ひとつ 抜けた
長かったあ
3年

あの人がいなくなってから
心の出血がひどいことに気がついた
放っておいたら 肉体が元気を失って
ひどい苦痛の悲鳴をあげはじめた
それでも放っておいたら息ができなくなっていった

ずっと 凍ってる状態の心を 黙ってみていた
時間に ゆだねて 時の中を流れてた

可愛そうなことを 身体にしてしまった
心が 痛むと 身体も痛む

心の声を 身体はいつも聴いてる

心を暖めなくては
身体が温まるように

笑っていきなくては  身体がしなやかに のびのびと笑えるように


「むずかしくて 優しい3次元」

地上に降りたのは 
優しい思いやりのある
言葉を 話せるようになるためだった

鏡のように わたしの 周りの人たちが
凍るような言葉を話してる
自分の価値観に基づけて判断して
すがりつかれると
重いので突き放す
怒る 無視する
相手の苦しさに 共鳴すると大変なので
バリアを張ってる

そういう人が 課題が終わらなくて なかなか気がつかないので
孤独で長生きしてるように 見えてくる
むずかしくて 優しい3次元

本 文
ホームページURL(任意)
画像 [画像貼付]:ファイルをアップロードして画像を貼付します。
画像貼付が正しく動作しない場合はこちら