子供の未来を考えよう

アクセスカウンタ

掲示板 > 問題提起 > 「子供に対して」


件ずつ で表示
1: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2007/3/20 14:08:09
親として教師として子供にどう向き合えば良いのか。様々な事件のおこる今日この頃ですが皆様のお考えをお聞かせ願って、悩んでおられる方々の参考にして頂ければ幸いです。
28: GAKU
ニックネーム: GAKU
書き込み日時:2007/10/23 08:07:58
Hbarさん、「何を教えるか」読んでいきたいと思います。
早速、「人とは何だ-その四-」まで読みました。
少しづつ読み進めたいと思います。
 私にとっては難しい部分も多々ありますが、楽しませていただきます。
29: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2007/10/23 21:13:14
GAKUさん今晩は。
是非とも、感想期待しております。
待ってますよ。
質問は幾らでも受付けます。
31: GAKU
ニックネーム: GAKU
書き込み日時:2008/12/17 23:29:01
自己を律し、感謝の気持ちを持つということという記事をアップしました。
自分のことは自分でするのは当たり前です。
でも、それが見えなくなり依存的になると本来、感謝の気持ちを述べるべきところで、不満を吐くということも生活の様々な場面で見かけます。
 さぁ、子供達との対話のなかで生きていく上で大切なことを伝えましょう。
画像
感想などをお聞かせ願えれば嬉しいです。
32: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/12/18 14:06:36
GAKUさんお久し振り。
そういう社会を作ってしまっているのです。
総理大臣にして、解散の顔と言われているのに何かと屁理屈を付けて、解散さえしない。
問題になっている雇用問題にしても然りです。
企業はやってくれるのが当り前なんでしょうか。
篩にかけられ、非定期雇用者にしかなれなかったのを棚に挙げ、首になるのを文句を言います。
誰も彼もがしてくれるのが当り前で、やってくれない事を不足を言います。
やはり、学校で人格教育を行わずに知識のみ詰込むのが原因でしょう。
人は自分の二本足で大地を踏締めて歩かねばなりません。
GAKUさん父ちゃん頑張って下さい。
甘やかすから駄目になるのです。
0歳児はむちゃくちゃ頑張って2足歩行と言語を手に入れています。
その頑張りに声援を送りたいものです。
そういう話も聞かせて上げたら如何でしょう。
33: 楽夢大喜(kitasun)
ニックネーム: 楽夢大喜(kitasun)
書き込み日時:2008/12/21 11:37:24
私も、現在、2歳の孫と毎日接していますが、どこで、どう覚え、理解したのかと思うほど、いろんなことを適切に、言葉にして発するので、びっくりしています。変な詰め込み教育などせずに、このまま、素直に大きくなってくれればと願っていますが、今の義務教育では、期待が薄いのでしょうね。
34: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/12/21 22:07:28
楽夢大喜(kitasun)さん今晩は。
子供は0歳児の時が1番大変で、それも生後直後が大変なので産声として雄叫びを上げます。それは夫々正しい環境を与えてあげたらいまのような公教育は要らないのですが、毀れる家庭もあるので致し方ありません。只、教えなくても良い事を詰込み、勉強嫌いにさせているのが公教育に他なりません。
そこらを大いに盛り上げてディスカッションしたいものです。
37: GAKU
ニックネーム: GAKU
書き込み日時:2009/7/2 15:21:11
「子供達の心の自立のために」思春期の時代をのりきる をブログ記事にアップしました。
親としても悩み多き、子供の思春期をどう乗り切っていくか。同世代のお子様をお持ちの方、一緒に考えてみませんか。

38: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2009/7/3 19:53:15
GAKUさんお久しぶりです。
お子さんが成長すると共に、気苦労があるもんなんですね。しかし、子供の成長と一緒に自己認識が成長してくる訳ですから頑張って下さい。
39: GAKU
ニックネーム: GAKU
書き込み日時:2009/7/4 00:04:11
Hbarさん、こんばんは。
子供とともに私自身も学ぶことが沢山あります。
子供達が大きくなったら、なったで、また色々なその時々の課題が出てくるものですねぇ。
40: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2009/7/10 11:52:58
GAKUさんお久しぶりです。
返事が遅くなって申し訳ありません。人に教えるという事は説明の何倍も知っていなければなりません。自身の修行と考えお互いにチャレンジしていきたいものです。

ゲストネーム (ゲスト書き込みの場合のみ)
本 文
ホームページURL(任意)
画像 [画像貼付]:ファイルをアップロードして画像を貼付します。
画像貼付が正しく動作しない場合はこちら