アクセスカウンタ

掲示板 > 悩み > 自身の事


件ずつ で表示
1: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/2/28 11:36:08
富士山の書込みを見ておりますと、随分と自分の事言われているようで何か複雑ですね。「社会的ルールが判らず、認識・悪意が無く観たまま正直にいってしまう。」というのも結構当っているかも知れません。私の書いた事で傷ついているメンバーが居ないか結構心配しています。でもね、気遣う事で円滑に進むかも知れないけれども、子供が将来巧く生活するというような事は後退してしまいます。そう言う事の積み重ねが政治腐敗も生んでいるんですよ。
46: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/4/20 12:44:41
ガッツ・ゴッタニさん今日は。
発達障害がコミュニケーション障害と呼ばれている事はご存知ですね。分りたくても分らないし、分って欲しいのが発達障害者なんです。これも脳の機能が働かないから起きる訳で、それを難儀がっていては生きてもいけません。
私が大論壇を張っているのも発達障害者に夢と希望を持って頂きたいと思っているからです。気軽に考えたら立上れる人も立上れません。
難儀と言わず、それを乗越える為に何をすればと考えて頂ければ幸いです。
47: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/5/7 05:17:18
☆Rara☆さんおはよう御座います。
大変だったみたいですねぇ。主治医には相談なさいましたか。それともそれに対する回答が無いのでこの掲示板に食の話題が出たのでしょうか。現在のブログ書込みは一般的問題に対するものしか出来ていません。先ずは私の基本見解を書くのが第一ですから仕方ありません。書き始めて3ヶ月が来ようとしているので、まだまだ済みそうに思えません。
解決には私が何回も書いているように薄皮を剥ぐようにしか解決できようも無いのです。だって、直接逢って専門医が解決できない事を話合おうと言うのですから。お互いの事を理解するだけでも大変です。取合えず相手を理解しなければ悩みも理解できず、解決等夢の夢です。辛抱強く書込みを続けるしかないのです。
早く問題解決に結び付ましょうね。
一発回答等決してありません。
48: 富士山
ニックネーム: 富士山
書き込み日時:2008/9/3 13:40:30
皆さん、Hbarさんご無沙汰しておりました。
今、話題になっているiPS細胞が、細胞・神経系に再生機能に効果があるように発表されておりました。
★神経・筋肉の難病「パーキンソン病」「筋ジストロフィー」等々の病気発症の仕組みが解明出来る可能性が高いとの事です。アスベルガーは、小脳神経機能の異常であったと思いますが?応用できるかも知れないと思いました。的外れかも知れませんが。

★ご無沙汰の期間、私の公私の生活に於いて「こだわり」の強さに改めて驚いています。
@女性のスラックスの、身体の線がくっきり表れているのを見ると、嫌悪感が走ります。皆んなが履いていれば恥ずかしさなんか起きないのでしょうか?電車の中で、スカートで脚を組んでいるバカ女を見ると日々、嫌で嫌で耐え難き状態です。(少しオーバー)笑
A運転中、赤信号で渡る歩行者、赤信号で渡りながら携帯電話をする歩行者。ムラムラ〜。強くクラクションを鳴らしたり、腹の底では「ふっ飛ばしちゃうぞ〜」と思うこともシバシバです。
B帰宅途中、あらゆる分野の話題を友人に一方的に話しかけ、40分くらい話しっぱなしです。
@ABは、一例ですが、世間の人達の神経が分りかねます。
周りは、「理屈やで五月蠅い奴」なのでしょう。
小さなマナーが出来なくて、何で世間が・国が良くなるのか?といつも思っています。「耐えがたきを耐え・忍びがたきを忍び」で自分だけの「正義」を貫こうとするのですから、世間と同調が出来ないことが、多々あります。
変えようとは思うものの、その場になると繰り返しです。
自己否定まで、行っていないだけ症状が軽いのかも知れません。同じ事を書き込みしたようです。すいません。
49: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/9/11 11:29:35
富士山さん、お久です。
永遠に休眠状態なのかなと思っていたのですが、書込み有難う御座います。
現在、情報収集で忙しい為、発達障害の為を考える論説をお休みいただいています。
情報収集というのは楽しいもので、脳の仕組を考えるのに初学者である私には荷が重いのかも知れませんが、結論が出る迄頑張り通す所存です。
人は夫々です。
その好き好きに頭に来ていては人生がしんどすぎます。
もっと許容範囲を広げる事が大切です。
中枢神経が動く仕組が最初から壊れてしまっているのが自閉症のようです。
目くじら立てては相手はできません。
全ては相手のよい所を見るようにしたいものです。
私位、人の迷惑を顧みずに突き進む男が何を言うかと怒られそうですが。
あれは随分しんどい想いさせたなあと思い当って、反省もしますがそれでも突き進む私です。
ネットで言っても分らないでしょうが、私はそういう人間です。
50: 富士山
ニックネーム: 富士山
書き込み日時:2008/9/12 16:49:53
Hbarさん こんにちは。
永久にと言う事はありません。名前の如く休火山ですが。笑
★多少調整が出来るのと、出来ないの差が「アスベルガー・・」との違いかと思います。
私は、言葉に敏感・人の仕草(箸の持ち方等)、人の反応の怖さ、人を信用することの怖さ(裏切られたくない)を感じています。その反面、納得が行かない時は、会社・組合・同僚にズケズケと言い放ちます。正論を言って何が悪い、分らない奴は、問題意識が無いと。そのくせ、反省もしますがその場になると又同じ事の繰り返しです。内面的には、ナイーブなのですが。12月狭心症の手術を受けましたが、皆は強心症と思っています。
★失礼だと思いますが、信念を曲げない強さが文面の節々に見受けられます。私と似てる面がある様に思います。
だから、サークルが忘れられないのかも知れません。笑
51: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/9/13 12:08:43
富士山さん今日は
本当に休火山ですね。
私は自身のブログで随分自閉症者に対する応援論説を書いた積りです。
そろそろと言うか、本格始動に対して情報収集をしています。
大分、今まで誤解していた所や核心部分に突当ってきました。
論文として発表できれば、要約を数回に分けてご紹介もしたく思います。
ネットでご覧になる方は、専門家では無いので要約でも数回に分けて分り易くが適当だと思います。
請うご期待ですか。
投稿宜しくお願い致します。
52: 富士山
ニックネーム: 富士山
書き込み日時:2008/9/21 04:50:38
 Hbarさん おはようございます。
チクリと刺されました。
解り易く数回に要約して頂けると、考えも、或いはまとまるかも知れません。ご配慮有難う御座います。
本格始動の準備も大変かと思います。
ご苦労様です。
53: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/9/22 12:29:18
富士山さん今日は。
少しズバズバ思った侭を書いてしまって若造の癖に申し訳無く思っています。
それにしてもプルキンエ細胞は凄いですね。
1個の細胞でシナプスが百万個も持っているんですよ。その上に平行線維から放出された神経伝達物質を100%受取るのですから他の神経細胞が束になっても敵いっこありません。
やはり、ここの不全が自閉症の原因と見て間違いは無いようです。
54:
ニックネーム: ゴッタニ
書き込み日時:2008/10/24 01:29:42
先天性の緑内障、というのはご存知でしょうか。福祉についての研究で、福祉関係の会社を私が回った先の、所長さんにお話を伺ったときの話です。

 その方は緑内障で、もうじき仕事ができなくなるそうです。やはり自分の娘さん、女性の方に同じ症状が遺伝するそうです。そのことを嘆いておられました。生物学でいうと劣性遺伝子の性質だそうです。

 特に医療関係の方だったので、詳しい反面、嘆きもあるそうです。

 私の場合は自分の鬱に関しての考察に加え、姉についての研究で、文献を読み漁ったことと、母親から聞いたこと、4〜5度にわたり精神科医を変わってそれぞれの先生にお話をお聞きしたことが持論ですが、

 まず自分が鬱になった時、それを研究の題材とすることで、自身が救われる、そう思い、鬱、自律神経失調、統合失調症などの病名を、医療辞典でひいて片っ端から読み砕いたのがはじまりですね。

 一般的に統合失調症、というのは4タイプほど、徐々に人格が崩壊していく破瓜型、というのがあるそうです。

 例えば家の姉の場合、単なる自閉症と違い、早い段階で知恵を失ったことと、他人への危害の多さから、これら何らかの他の精神疾患と合併した、と考えられます。

 このあたりはhbarさんの考察が半分当たっていますが、文献上ではよく書いてあることです。

 
 ただ例えばこのような長文をブログに書くとなりますと、読み手にも伝わりにくいのが現状かと思います。

 自閉症についての誤解は、文面にこそあると思います。
 それらを考慮したうえで、ブログ上で何もわからない、といったふうにみえるコメントをあえてかかなければならない、という苦痛が分かりますか。

 つまり楽観的に文面を持っていくことは非常に難しいのです。
 それに関してはどう考えておられますか。
55: Hbar
ニックネーム: Hbar
書き込み日時:2008/11/22 14:45:03
この頃は医療技術が進んで、緑内障も黄班の具合で不具合が分るようになっているようです。緑内障は進行すると大変ですが、初期の内に対処すれば悪くならない内に生害を終える事が治療を忠実に受けていればできるのだと思います。
鬱については前向きにつんのめって行くと言うのが良いようですね。前頭前野がフル回転していれば、海馬に新生細胞も出来て、解消できるようですよ。私のお勧めは囲碁ですが、コッタニさんにとっては作曲するのが1番良いのかもしれせん。囲碁を覚えられては如何ですか。
大抵の精神病に囲碁が効果あるようです。その内、論文に纏めたらご紹介しますね。

ゲストネーム (ゲスト書き込みの場合のみ)
本 文
ホームページURL(任意)
画像 [画像貼付]:ファイルをアップロードして画像を貼付します。
画像貼付が正しく動作しない場合はこちら